さかた塾中学部ブログ

体験生募集中!開校初年度の2019年度は北高5名、東高2名全員合格!

【高校紹介】尾道高等学校(その③)

みなさん、こんにちは!

 

さかた塾中学部、代表の西川です。

 

※12/29追記

入試の出題範囲が広がっていたようです。

生徒さんから質問されて気づきました。

 

出題範囲に関しては、

こちらも変更しておきますが、

念のため高校HPの募集要項もご確認ください。

 

sakatajuku-chugakubu.hatenablog.com

 

本日は尾道高校の、塾対象説明会に

伺ってきました。

 

f:id:chugakubu:20200617223434j:plain



 

新型コロナウイルスの影響で、

仕方のないことですが、

 

やはり体育館の上のところに、

「インターハイ出場!」などの横断幕がないのが、

心なしか寂しく感じますね。

 

 

去年の同じ時期の写真がこちらです。

 

f:id:chugakubu:20200617223714j:plain

 

やっぱり、去年はたくさんありましたね。

 

 

校内に貼られた合格実績は

以下の通りでした。

 

f:id:chugakubu:20200617223754j:plain

 

ということで、基本情報や、

新年度からの変更点、変更予定の点など

確認をしたいと思います。

 

受験を検討されている方は、

最後までお読みください。

 

 

 

尾道高等学校

 

HP: http://onomichi.ac.jp/

男女: 共学

アクセス:JR尾道駅前の桟橋からフェリーと徒歩で約10分

学科・コース:普通科(最難関コース・難関コース・総合進学コース・スポーツコース)、工業科(機械科・電気科)

全県模試偏差値(2020版の志望者平均偏差値):

最難関63.5、難関56.3、総合進学45.8、スポ 44.9、機械35.1、電気38.2

 

R2年卒業生の主な進学実績:

一橋大学神戸大学九州大学2、筑波大学2、

広島大学岡山大学滋賀大学大阪教育大学など

国公立大学合計22名

 

早稲田2、慶応、理科大、MARCH4

関関同立11など

 

 

最難関と難関の合計が約50名なので、

4~5割ほどの生徒さんが国公立大に

進学していることになります。

 

 

また、校長先生のお話では、

普通科の卒業生が約160名だが、

 進学先の大学が80校もある。

 過去四年間にさかのぼると

 これが130校になる。

 生徒一人一人の多様性に向き合った結果だ。」

 

とのことでした。

 

生徒さんたちが一人一人、

自分のやりたいことを考えて

選んだ結果であり、

キャリア教育の一つの成果だと思います。

 

 

 

現在、中学校1年生には、

TEIE(Teach English In English)という、

「英語の授業を全て英語で教える」

という取り組みをしているそうです。

 

これをやっている学校の生徒さんは

間違いなく英語のリスニングに強くなります。

 

お話を聞くと、

色々とチャレンジをされているな

という印象でした。

 

 

その他、学校の特色に関しては、

以前の記事をご覧ください。

 

 

入試の変更点は以下の4点

(1つはまだ仮段階)です。

 

①スポーツ芸術コースが、

 音楽による募集を辞め、

 スポーツコースになる

→よって、硬式野球・男子ソフトテニス

 女子バレーボールに関して、

 顧問と高校の相談によって、

 出願が可能、ということになります。

 

②スポーツコースの、

 当日の実技試験は廃止する

 

③新年度の入試より「WEB出願」を行う

こちらはまだ仮段階なので、

 確定ではありませんが、

 

 従来の願書を中学校に提出し、

 中学校からの出願、という流れから、

 

 生徒が個々にWEB出願し、

 出願された生徒の調査書を

 高校が中学校に請求する、

 

 という形になる予定だそうです。

 

 

新型コロナウイルスの休校措置を踏まえ、

 入試の出題範囲が

 従来の「中3の2学期まで」ではなく、

 「中3の1学期まで」とする

 変更となっています。(紫文字が追記箇所)

 

→これにより、

 

 国語は中3で学習する漢字は除外、

→変更点なし

 

 数学は展開・因数分解平方根まで、

→「相似」「円周角」「三平方」「標本調査」

 を除くすべての範囲

 

 英語は受動態・現在完了まで、

不定詞(want A to V)、間接疑問文

 を除くすべての範囲

 

 理科は遺伝(生物)・イオン(化学)まで、

→「地球(宇宙の中の地球)」「環境(自然と人間)」

 を除くすべての範囲

 

 社会は公民の基本的人権まで、

→「経済分野 政府の役割」「国際社会」

 を除くすべての範囲

 

 ということになります。

 

 

入試の合格ラインに関して、

「昨年度と変わらず」とのことでした。

 

 

1.推薦入試(全学科コース対象)

・入試日程(R2年度入試): 1/12

 

・合格決定の基準:英数国3科+5人一組の集団面接+内申で総合的に判断

 

内申点の出願基準は、中1~中3の素内申で、

 

 最難関:9科100/135かつ5科60/75

 難関: 9科90/135

 総進: 9科68/135

 スポ芸:9科73/135

 工業科:9科55/135かつ3年次に「1」がないこと

 

(※総合進学と工業科は基準未満は出願不可、他コースは中学校の判断で1,2ポイントの下回りは可能なこともある)

 

 

・3科のテストの合格基準(目安)

 

 最難関:230~240

 難関: 180~200

 総進: 100~120

 工業: 80~100

 

(※出願したコースの得点基準に達しなかった場合は、下コースへのスライド合格もある。総合進学・工業科に関しては、原則不合格者は出ない。)

 

 

・スポーツコースは、「強化指定クラブ」に選ばれた部活動(R2年度入試では硬式野球部、男子ソフトテニス部、女子バレーボール部)に限る

 

 

 

2.特別入試・単願(尾道高校を第一志望で受験する、最難関・難関志望対象)

 

3.一般入試・単願(尾道高校を第一志望で受験する、総進・工業対象)

 

4.特別入試・併願(尾道高校を併願先とする、最難関・難関志望対象)

 

5.一般入試・併願(尾道高校を併願先とする、総進・工業対象)

以下、上記4つに関して

 

・入試日程(R2年度入試): 1/14

 

・合格決定の基準:英数国理社5科(英はリスニング含)+面接(帰国生のみ)

 

・特別入試と一般入試の入試問題は同じ。特別入試に関しては「特待生合格」と「一般合格」があり、基準以上の生徒は授業料等が減額or免除される。

 

 

・5科テストの合格基準(目安)

 

 最難関:380~400

 難関: 300

 総進: 150~180

 工業: 130~150

 

(※出願したコースの得点基準に達しなかった場合は、下コースへのスライド合格もある。総合進学・工業科に関しては、原則不合格者は出ない。)

 

(※併願よりも単願の方が合格者は確実に尾道高校に進学するため、合格基準が下がる傾向にある)

 

 

という形になりそうです。

 

範囲が縮小されたことに関しては、

他の私立高校も

同様の対応をとる可能性があります。

 

 

中3生は、例年以上に

1・2年生の範囲の復習を

念入りにやる必要があるかと思います。

 

学校の実力テストや、塾の模擬テストなどの

1・2年範囲の復習を念入りに行いましょう。

 

 

 

また、入試制度とは異なる変更点ですが、

台湾の大学へ進学するための

華語(中国語)講座の授業は、

現在は対面授業ではなく、

オンラインでやっているそうです。

 

 

学校説明会に関しては、

以下のスケジュールで実施予定だそうです。

 

 

f:id:chugakubu:20200618060009j:plain

 

早いものだと、

本日、6/18に説明会が行われます。

 

近隣校でも、ハイレベルなコースで

ここまでコース分けがされている私立高校は

近隣にはありません。

 

 

如水館にもS類・A類・B類とありますが、

尾道高校の難関コースに合格出来る生徒であれば、

如水館のS類にも合格出来てしまうので、

 

尾道高校の最難関コースに合格するか否かは、

 

北高なら上位合格か否か、

県広・附属福山ならば合格が狙えるか否か、

 

そのレベルの実力を測る上での

重要な試金石になります。

 

 

また、今年度の合格者の中でも、

神戸大学1名・九州大学2名・筑波大学1名

高校入学組から出ているとのことでした。

 

 

内部進学組の方が、

入試実績が良くなりがちな

私立高校において、

この結果も重要な判断材料になるかと思います。

 

 

何か追加の情報がある場合は、

追って連絡をいたします。

 

 

自分が受験をする可能性のある学校に関しては、

しっかりと情報を集めていきましょう!

 

 

 

現在、無料体験生を募集しています!

 

ご面談で生徒さんの学習状況を確認したのち、

必要があれば簡単な補習などを行って、

そのまま授業に飛び込んでもらいます。

 

ご面談のご予約は

ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは0848-29-9775

(受付時間:火曜日~土曜日の14時~22時、

 時間外ですとお電話に出られないこともございます)

にお電話ください!