さかた塾中学部ブログ

体験生募集中!開校初年度の2019年度は北高5名、東高2名全員合格!

【雑談】擬人化大学キャラ診断

みなさん、こんにちは!

 

さかた塾中学部、代表の西川です。

 

 

先日、中2の国語の授業で、

「擬人法」というものについて、

少しお話をしました。

 

「鳥が『歌う』、車が『走る』、

 みたいに、人じゃないものに

 人みたいな動詞をつけることを

 擬人法って言って・・・」

 

と、既に聞いたことがある生徒さんも

いたとは思うのですが、

そのような話をしていました。

 

擬人法・・・とは少しずれますが、

最近、色々なものが擬人化されていますね。

 

 

教室に置いてある漫画で言うと、

はたらく細胞』もこれにあたります。

 

 

f:id:chugakubu:20200922152019j:plain

 

 

 

スマホのゲームで言うと、

戦艦を擬人化した『艦隊これくしょん

通称「艦これ」

 

f:id:chugakubu:20200922151856j:plain

 

ちなみに、戦艦大和が・・・

 

f:id:chugakubu:20200922151934j:plain

 

この子のようです。

 

 

女性向けのゲームだと

刀をイケメンに擬人化した、

刀剣乱舞』というのが有名ですね。

 

f:id:chugakubu:20200922152142j:plain

 

ちなみに、岡山県備前市の刀、

備前長船を擬人化したものが・・・

 

f:id:chugakubu:20200922152223p:plain

 

この右側のロン毛のイケメンのようです。

 

 

他にも、

 

ウルトラマンの怪獣の擬人化、

 

温泉の擬人化、

 

ITの専門用語の擬人化、

 

なんていうのもあるようですね。

 

 

今は、「町おこし」にアニメや漫画の

キャラクターが使われることも多い、

というお話は以前ご紹介しました。

 

 

sakatajuku-chugakubu.hatenablog.com

 

こんな記事でも、そんな町おこしの

取り組みが紹介されています。

 

www.msn.com

 

 1つのアニメ作品の盛り上がりが、単にコミックスの売り上げ促進やアニメ業界の盛り上がりに留まる時代はすでに終わっている。今や日本経済に大きな影響を及ぼす巨大なマーケットを生み出す可能性があるということだ。また、局地的ではあるものの、地域の活性化にもアニメは貢献していると小新井氏は話す。

 

「埼玉県旧鷲宮町(現久喜市)が聖地として有名になった『らき☆すた』という作品があるのですが、その旧鷲宮町では『萌☆輪ぴっく』という運動会のようなイベントをファンと地元の方たちが共同開催しています。また町中でスマホをかざすとアニメキャラクターが出てきたりするAR(拡張現実)スタンプラリーを開催した自治体もあります。最近は、自分でお絵かきしたキャラクターが飛び出して動き出すというARが開発されてSNSで盛り上がっていました。これ以上何があるの?というくらい今のアニメの展開は幅広くなっています。

 

 

今では、アニメ・マンガというものは、

子供ではなく大人をターゲットにしたものも

たくさんあるので、

 

尾道もアニメ・マンガも活用して、

上手く盛り上がってほしいなと思っています。

 

(・・・といいつつ、

 尾道で擬人化するとしたら

 お寺ですかね。

 

 浄土寺ちゃん、

 千光寺ちゃん、

 西国寺ちゃん・・・

 

 お寺の関係者の方から

 クレームが来るかもしれませんね笑) 

 

 

さて、そんな「擬人化ムーブメント」が

こんなところにまで・・・

というのをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

www.aist.go.jp

 

あなたは、どの大学タイプ?

というキャラ診断だそうです。

 

 

ついに世の中の「擬人化」の流れが

大学にまで来たか・・・

 

 

「同じ大学に通う学生さんの中にも

 色々なタイプの人がいるのに、

 そうやってキャラ付けして、

 ひとくくりにするとはけしからん!!」

 

「ほとんどのキャラが男性キャラ。

 大学=男性が通うもの、という

 価値観を押し付けていてけしからん!!」

 

「何よりこのサイトを監修しているのが

 産業技術総合研究所という

 国立研究開発法人、つまり国の機関。

 

 私たちの税金が

 こんなことに使われるなんてけしからん!」

 

 

という否定的な意見もあるようです。

 

 

3つ目の批判に関しては、

少し的外れなのかもしれません。

 

なぜなら、アンケートに答えて、

「あなたのキャラは〇〇大学!」と

診断をしてくれているのは、

人工知能、AIだからです。

 

 

人工知能は、たくさんのデータを基に

機械が計算をして、答えを出します。

 

 

今回は「キャラ診断」ですが、

この技術を応用すれば、

 

アンケートに答えるだけで、

 

「あなたは□□の病気の疑いがあります」

 

「あなたに合った企業は〇〇です」

 

「あなたが今日作るべき料理は××です

 冷蔵庫に△△が無いので、

 スーパーに買いに行きましょう」

 

のように、膨大なデータを基に

あなたの考えをサポートしてくれる

時代が来るかもしれません。

 

 

 

私もとりあえずどんなものかやってみました。

 

25問の質問に答えていきます。

 

 

その結果が・・・

 

 

 

f:id:chugakubu:20200922161954j:plain

 

f:id:chugakubu:20200922162010j:plain

 

 

・・・ということで、

私自身は「87%」という

かなりの自信を持って、

 

人工知能

自分の出身大学を

言い当てられてしまったので、

 

「このキャラ診断、すごいな~」

 

となってしまいました笑

 

 

もちろん、このキャラ診断は

各大学の1つの側面でしかありませんし、

 

 

この診断結果によって、

志望校を変えろ、

というものでもありませんが

 

人工知能というものに興味がある人、

 

各大学の「イメージ」は

どんなイメージで、

自分はどの大学の雰囲気に

合っているんだろう?と興味が湧いた人、

 

そんな人はぜひ、

このサイトにアクセスしてみてください!

 

 

 

現在、無料体験生を募集しています!

 

ご面談で生徒さんの学習状況を確認したのち、

必要があれば簡単な補習などを行って、

そのまま授業に飛び込んでもらいます。

 

ご面談のご予約は

ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは0848-29-9775

(受付時間:火曜日~土曜日の14時~22時、

 時間外ですとお電話に出られないこともございます)

にお電話ください!