さかた塾中学部ブログ

体験生募集中!開校初年度の2019年度は北高5名、東高2名全員合格!

【季節講習】20夏期13日目 犬のう〇こを踏んだ日の話

みなさん、こんにちは!

 

さかた塾中学部、代表の西川です。

 

 

本日は中学生の補習、

中1・中2の理社でした。

 

中1・中2の理社は普段は

隔週で行っているので、

進度が早くありません。

 

そのため、この講習でしっかりと

貯金を作る計画を立てています。

 

 

中1は次回で社会の世界地理が終わり、

理科の化学分野が終わります。

 

中2は次回で中2範囲の歴史が終わり、

理科の物理分野は本格的に計算問題に入ります。

 

皆さんが嫌がる理科の計算問題も

がっつりと取り組みたいと思っていますので、

頑張りましょう!

 

 

いよいよ、夏休みが終わりに近づいています。

 

あまり休んだ気になれないかもしれませんが、

もう来週には夏休みの宿題を学校に提出です。

 

宿題を終わらせていない生徒さんは、

どんどん塾に来ましょう!

 

 

本日は私が塾講師になって4年目くらいの

お話をしたいと思います。

 

私は東京都にある某大手塾で、

個別指導の教室長をやっておりました。

 

 

中3は直前に入試特訓をします。

 

その際には、

オプション講座を受けてもらうため、

決して安くない費用がかかってしまいます。

 

ご家庭のご負担は軽くはないのですが、

志望校に合格して頂くために

みなさんに受講をおススメしていました。

 

 

ある日、ある保護者の方から、

 

塾代が金銭的に厳しくて、

払えないかもしれないとご相談を頂きました。

 

 

その生徒さんは、

都立の商業高校を第一志望とする

とても大人しい女の子でした。

 

学力は決して高くありませんでした。

 

 

都立受験の2日前、

入試特訓の授業を終えた後、

 

ふっと気を抜いた瞬間、

突然、私の涙腺が崩壊しました。

 

 

その日の授業で

その子に問題を当てたのですが、

 

鎌倉幕府は何年に成立した?」

 

その子は、この問題を解けませんでした。

 

 

「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府

 

(昔は、1192年で「いい国作ろう鎌倉幕府

 という覚え方でしたが、

 今は歴史の解釈が変わり、1185年となってます。)

 

 

小学生でも知っているはずのこれが

答えられなかったのです。

 

 

 

無性に悔しくなりました。

 

 

保護者の方が、

あんなに苦労して

塾代を工面しているのに、

 

 

自分は入試2日前になって、

生徒にこんな簡単なことも

覚えさせてあげられていないのか・・・

なんて無能なんだ・・・と。

 

 

 

受験前日は、生徒さんたちに合格鉛筆を配り、

翌日に備えて早めに帰宅させます。

 

 

 

そして、受験当日。

 

 

その、夕方。

 

都立の場合、ほとんどが記号問題のため、

当日に塾に来てもらい、

解答速報を見ながら、自己採点を行います。

 

 

結果、ギリギリ・・・

たぶん合格出来るかな・・・どうかな?

といったところ。

 

 

緊張しながら、合格発表の日を待ちました。

 

 

合格発表当日、

私は朝からバイクで

各高校の合格掲示板を回りました。

 

 

(東京都の場合は、朝9時に

 校内に合格者の受験番号が掲示され、

 塾の先生たちは写真を撮って、

 

 事前に報告をもらっていた

 受験生たちの受験番号と照合するのが

 恒例行事となっています。)

 

 

最初に回ったのは、

合格可能性の高い生徒さんが受けた、

 

都立文京高校(偏差値60)

 

ただし、一般(こちらで言う選抜Ⅱ)の倍率が

2倍近くある非常に人気の高い高校です。

 

 

受験番号が・・・

 

 

 

ない・・・。

 

 

え?

 

 

あの子が落ちたの?

 

 

あの子が落ちるなんて、

もしかして今年の受験指導は

大失敗だったのかもしれない・・・。

 

 

全員不合格かもしれない・・・

 

 

みんなに謝らないと。

 

 

合格させる授業を出来なくてごめん・・・

 

 

 

そんな思いがグルグルと

頭の中を駆け巡りました。

 

 

後に、こちらがメモした受験番号が

違っていたと判明し、

合格していたとわかるのですが、

 

このときはそんなことも分からず・・・

ただただ絶望していました。

 

 

次は北園高校(偏差値62)

 

 

こっちも十分に力のある生徒が

受験していますが・・・

 

 

 

・・・・あった!

 

 

ようやく1人。

 

 

その後、中1から見ていた生徒さんが

都立上野(偏差値59)、白鷗(偏差値60)と

合格していることが分かります。

 

 

おおおおお、よかった!

 

ここで、事務さんからの

合格の電話を受けながら1泣き。

 

 

 

そして、いよいよ問題の

葛飾商業(偏差値36)へと向かいます。

 

 

祈るように校門をくぐり、

 

番号を確認。

 

 

 

すると・・・

 

 

 

番号が・・・

 

 

 

あった。

 

 

 

あった!!!

 

 

 

喜びのあまり、

ここでこの日2回目の号泣。

 

 

泣きながら事務さんに電話をしました。

 

「〇〇さん、受かってました!」

 

「〇〇さん、よかったー!

 おめでとうございます!」

 

 

ここで、

 

 

・・・ズルっ!

 

 

何かが足元で滑りました。

 

 

靴裏を見てみると、

ベッタリと犬のう〇こが・・・

 

 

このことも、泣きながら

事務さんに報告しました。

 

 

「今、かつしょうの近くで

 犬のう〇こ踏んじゃいました・・・

 汚え・・・泣」

 

 

「きっと『うん』が

 西川先生にも〇〇さんにも

 ついていたんですよ!」

 

 

事務さんの絶妙なのかなんなのか、

よくわからないフォローを受けながら、

教室に戻りました。

 

 

そこからは、

生徒たちが合格の報告に

来てくれます。

 

 

お昼過ぎに

葛飾商業を受験した女の子が来てくれ、

本人から直接合格の報告を受けました。

 

 

本人はあっけらかんとしているのですが、

私はもう号泣。

 

 

生徒さんも保護者さんも

 

「この人なんでこんなに泣いてるんだろう・・・」

 

と引いているのがわかりましたが、

涙が止まりませんでした笑

 

 

 

ということで、人生で初めて、

犬のう〇こをがっつり踏んだ日に、

 

私は人生で初めて、

1日に3回号泣し、

 

 

塾の先生になって良かった、

 

この1年間の苦労は、

この日のためにあったんだ、

と思えました。

 

 

 

う〇ちの汚い話だし、

 

こちらが精一杯指導して

成績を目いっぱいあげてあげられた、

そんな子の話でもないので、

 

誇らしい話ではないかもしれませんが、

 

この思い出が、私の塾講師としての

原点のような気がしています。

 

 

 

受験直前に、

そんな自分の力不足を痛感しないように、

 

今お通いの生徒さんたちには、

精一杯指導をしています。

 

 

本日、とある先生のブログを拝見して、

つい昔のことを思い出してしまいました。

 

木・金・土と、お盆などそっちのけで

まだまだ中学生の授業も続きますが、

頑張りましょう!!

 

f:id:chugakubu:20200813002538j:plain

 

f:id:chugakubu:20200813002559j:plain

あ・うんの「うん」の方ですね

 

f:id:chugakubu:20200813002632j:plain

そして昨日のやつの色違い

 

 

現在、無料体験生を募集しています!

 

ご面談で生徒さんの学習状況を確認したのち、

必要があれば簡単な補習などを行って、

そのまま授業に飛び込んでもらいます。

 

ご面談のご予約は

ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは0848-29-9775

(受付時間:火曜日~土曜日の14時~22時、

 時間外ですとお電話に出られないこともございます)

にお電話ください!