さかた塾中学部ブログ

体験生募集中!開校初年度の2019年度は北高5名、東高2名全員合格!

【教室内紹介】塾の宿題とは・・・?&中3英作文について

みなさん、こんにちは!

 

さかた塾中学部、代表の西川です。

 

日曜日は14時、

月曜日は16時から

教室を開けますので

よろしくお願いいたします。

 

 

本日、中1・中2の授業中に、

勉強の姿勢について、

少し時間をとってお話をしました。

 

 

「学校の課題は、提出することに

 意味があるかもしれないが、

 塾の宿題はただ提出するだけでは、

 何の意味もない!

 

 西川先生が皆さんの学校の成績を

 決めるわけじゃないので、

 ただ塾の宿題を出すだけでは、

 みなさんの成績を1ミリも上げられない。

 

 『やったフリ』をするくらいなら

 時間の無駄なのでやらなくていい。

 

 宿題を出している理由は、

 せっかく塾で勉強したことを

 忘れてほしくないから。

 

 

 だから、〇つけをしない、

 

 答えを写して提出する、

 

 適当に〇つけをする、

 

 途中式を書いてないから

 何で間違えたか見直しできない、

 

 そんな姿勢なら

 本当に宿題なんてやらなくてもいい。

 時間の無駄だから。

 

 とにかく先生は、

 皆さんの成績を少しでも

 上げたいと思っている。

 

 だから、宿題の提出が遅れても

 ちゃんとやったなら

 怒ったことないでしょ?

 

 せっかくお金と時間を使って

 塾に通わせてもらっているんだから、

 意味のある勉強をしようね。」

 

というお話をしました。

 

 

甘いというご意見が

当然あるかと思いますが、

 

塾の宿題をきちんと期限まで出すことに

私はそこまで意味を感じていません。

 

 

「きちんと期限を守る」

その姿勢は学校の提出物で学んでくれれば

それでもいいと思っています。

 

 

怒られながら、

怒鳴られながら勉強をして、

 

じゃあその怒る人がいなくなったら、

勉強をしない、サボる・・・

そんな態度では意味がないので、

 

きちんと自分のために

勉強をしてほしいと思っています。

 

 

中3は、いよいよ来週から

入試問題の演習に突入します!

 

その前に、前回の授業から

英作文の特訓を重点的に

行っていました。

 

 

f:id:chugakubu:20200905230329j:plain

 

英作文の添削に関して、

良かったところ、直した方が良いところなど

 

色々と書いていたら、

かなりの大作になってしまいました…。

 

 

全部にすぐに目を通すのは

大変だと思いますが、

西川先生が時間をかけて作った解答集なので、

ぜひしっかりと利用してください!

 

 

英作文に関しては、

 

①シンプルで上手い表現が書けている生徒さん

 

②少し凝りすぎていて、細かな所で

 ミスが出ている生徒さん

 

③英文がまだまだ上手く書けない生徒さん

 

の3パターンに分かれています。

 

 

実際の入試で、英作文にしっかりと

時間をかけられるなら、

 

凝った表現にするのもアリかもしれません。

 

 

ですが、実際の入試の際は

数分でしっかりと点数のもらえる英文を

作らなければいけません。

 

だから、

①のパターンの英作文だと

シンプルすぎて味気ないと

思うかもしれないけれど、

 

短時間できっちりと点数が取れる練習は

これからもしていこうね、

 

というお話をしました。

 

 

高校入試ではあまり英作文が必要ない

という生徒さんでも、

今後、英検やGTECやTOEICなど、

 

色々な資格試験でライティングは必要です。

 

時間内にシンプルで分かりやすく、

減点をされない英文を作る工夫を

これからもしっかりと行っていきましょう!

 

 

来週も頑張りましょう!!

 

 

現在、無料体験生を募集しています!

 

ご面談で生徒さんの学習状況を確認したのち、

必要があれば簡単な補習などを行って、

そのまま授業に飛び込んでもらいます。

 

ご面談のご予約は

ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは0848-29-9775

(受付時間:火曜日~土曜日の14時~22時、

 時間外ですとお電話に出られないこともございます)

にお電話ください!