さかた塾中学部ブログ

体験生募集中!開校初年度の2019年度は北高5名、東高2名全員合格!

【高校紹介】福山暁の星女子高等学校(その①)

みなさん、こんにちは!

 

さかた塾中学部、代表の西川です。

 

土曜日は10時から、

日曜日は14時から教室を開けます。

 

中間テストが近くなっています。

課題を早めに終わらせて、

ワークの2周目・3週目に

とりかかるようにしましょう!

 

 

木曜日・金曜日と

近隣の高校の塾対象説明会に

参加しておりました。

 

本日は、福山の女子校を

紹介したいと思います。

 

 

f:id:chugakubu:20200925232129j:plain

 

f:id:chugakubu:20200925232204j:plain

 

福山暁の星女子中学校・高等学校

 

HP: https://www.akenohoshi.ed.jp/cyukou/

 

男女: 女子校

 

アクセス: JR福山駅より 中国バス 深津住宅 バス停下車 徒歩約 5 分

    (有料でスクールバスも利用可)

 

学科: 普通科(進路探求コース)

 

全県模試偏差値

(2020年度版の受験者平均): 記載なし

 

R2年卒業生の主な進学実績:

(卒業生80名、浪人生含む、HPより抜粋)

 

鳥取1(医)、東京芸術1

広島1、岡山2、鳥取

私大医学部医学科4、上智1、立教3、

同志社3、立命館

 

 

私立の女子校というのは

小・中学校ではそこそこ人気ですが、

 

高校から私立の女子高への

進学を希望する生徒さんというのは、

前職の頃を思い出してもあまり多くありません。

 

(ちなみに、埼玉・栃木・群馬あたりは

 公立のトップ校が男子校・女子校

 に分かれていたりします。)

 

 

それはなぜか、

私の想像も入っていますが、

 

小学受験・中学受験では

志望校決定に親の意向が入ります。

 

男子生徒との風紀面を

気になさったり、

 

保護者の方自身がその学校のOGだったり、

 

お琴・礼儀作法・着付けなど

女子校特有のカリキュラムを気に入ったり、

 

そのような理由から、

女子校に最初から入学させたいご家庭は

中学受験段階で既に入学を

決める場合が多いです。

 

 

 

高校受験では生徒さんの意向が

それよりも強く反映されます。

 

「私立でお金がかかる」

 

「女子校よりも共学の方が楽しそう」

 

「女子校ってなんか

 陰湿ないじめがありそう」

 

 

私が過去に生徒さんから聞いた話では、

このような意見があって

女子校を避ける生徒さんが

多かったように思います。

 

 

しかし、

イメージだけで決めてしまうと、

自分の選択の幅を狭めてしまいます。

 

少しでも興味があるなら

学校の雰囲気を見てみて、

 

それから決めるのでも

遅くないのではないかと思います。

 

f:id:chugakubu:20200926000157j:plain

 

26日(土)にオープンスクールがある

ということで、色々と掲示物も整っていました。

 

学校の雰囲気も、

伝統校の面影を残して、

木造の部分も多くあり、

 

それでいて非常に

キレイな印象でした。

 

 

説明会の中の学校紹介でも、

教務担当の方が、

 

「安心して、落ち着いて学べる

 時間・空間の提供」

 

というお話があり、なるほどと思いました。

 

 

クラスは1学年4クラス、

高校から入った生徒さんも

内部生に混じって、

勉強をするそうです。

 

中には、高校から入ったのに

すでにクラスを引っ張る存在になっている、

そんな生徒さんもいらっしゃるとのことでした。

 

 

1年生は成績もバラバラの「進路探求」クラス、

そこから総合的な学習の時間を利用して、

 

職業研究

 

セルフマネージメント

(手帳・タブレットによる自己管理)

 

学問研究・課題研究

 

など、教科の勉強以外にも

力を入れているとのことでした。

 

f:id:chugakubu:20200926003320j:plain

 

f:id:chugakubu:20200926003408j:plain

 

キリスト教カトリック系の学校なので

お祈りの時間など、

特別なカリキュラムもあります。

 

また、英語教育・各種留学制度も

充実していると思います。

 

 

宗教系の学校は、

その宗教の信者ではなくても

問題なく通えます。

 

カトリックでなくとも、

異文化理解の一環と考えてみましょう。

 

f:id:chugakubu:20200926000907j:plain

 

説明会をする講堂の目の前に、

生徒さんたちの調べ学習の資料が

掲示されていましたが、

 

事前に仮説を立て、それを検証し、

最後には、別のグループの人から

他者評価を受けるということで、

 

プレゼン能力というのも

重視されている印象でした。

 

 

 

他にも、

「観光甲子園」「手帳甲子園」「国体」

NHK俳句大会」「全国文芸コンクール」

などの様々な大会に出場しているそうです。

 

 

台湾で33歳という若さでIT大臣に任命された

オードリー・タンさんのことを紹介しながら、

 

学生たちで人生や仕事について語り合う、

「インスパイア・ハイ」という

イベントにも、暁の星の生徒さん

約20名が有志が参加されたとのことでした。

 

 

 

進路指導の面で、

特に強調されていたのは、

「女子校だけど理数系にも強い」

ということでした。

 

校内で医歯薬・医療系を

志望される生徒さんが約4人に1人、

 

過去30年間で、

医学部・歯学部に合格した生徒さんが310名

薬学部に合格した生徒さんが約600名、

 

理数系の科目の学力を

伸ばす自信があります!

 

とのことでした。

 

 

興味がある方は、

 

実際に学校で

どのような取り組みをして

理系科目を伸ばしているのか

確認してみてください!

 

 

また、国公立大学合格者のうち

約4分の1がAO入試や推薦入試で

合格されており、

小論文対策にも自信があるとのことでした。

 

国公立というと、

どうしても一般というイメージがありますが、

このあたりの学校の取り組みも

色々と聞いてみるといいと思います。

 

 

指定校推薦の枠も、

上智・東京女子・聖心女子など

カトリック系の大学・女子大などを

筆頭に充実しています。

 

www.sophia.ac.jp

 

上智大学に関しては、

新年度から推薦の学校ごとの枠は

無くなりますが、

 

それでも特別入試を行う

カトリック高等学校の対象校として

登録されておりますので、

 

基準を満たしていれば

特別入試で入学を決めることが出来ます。

 

 

ということで、

 

高校受験をする学校としては

あまり認知されていない学校

かもしれませんが、

 

興味があれば、

ぜひ話を聞いてもらいたいと思います。

 

 

各種奨学金もあるようですので、

経済的な面で躊躇されているご家庭があれば

ぜひ学校に相談をしてみてください。

 

 

 

最後に入試制度についての確認です。

 

昨年度まで実施されていた、

選抜Ⅱの合否判明後の3月入試が

廃止されました。

 

これで、選抜Ⅱの後に募集をしている

私立高校は、この近隣だと、

大門の「銀河学院高校」だけになりました。

 

出願区分は以下の3つです。

 

1.推薦入試〔専願〕

中3の2学期の仮評定が

5教科(25点満点)で16点以上

かつ暁の星を第一志望とする場合、

 

筆記試験は行わず

面接のみで合否が決まります。

 

(23点以上だと奨学生)

(昨年度は受験者全員合格)

 

 

2.推薦入試〔併願〕

中3の2学期の仮評定が

5教科(25点満点)で17点以上の場合、

面接のみで合否が決まります。

 

(昨年度は受験者全員合格)

 

他の国公立・私立との併願が可能で、

しかも選抜Ⅱの合格発表まで

入学金だけでなく、

入学手続金の納入も待ってもらえます。

 

私立はすべり止めで受けるけど、

入学手続金のおよそ10万円を

納めるのがちょっと・・・

 

というご家庭にとっては、

魅力的なのではないかと思います。

 

 

3.一般入試〔併願〕

中3の2学期の仮評定が

上記の基準に満たない場合、

 

英数国の3科の学力検査で

合否が決まります。

 

(昨年度は受験者8名中7名合格)

 

こちらも2と同様に

合格後の延納が可能です。

 

 

1~3、いずれも受験日は

1月18日(月)です。

 

また、受験料も他校と比べると

かなり安いです。

 

 

基準に関して、過去問に関して、

その他費用等に関して、

一般入試による特待に関して、

 

何か気になることがある場合は

学校に直接問い合わせていただくか

塾にお問合せください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

現在、無料体験生を募集しています!

 

ご面談で生徒さんの学習状況を確認したのち、

必要があれば簡単な補習などを行って、

そのまま授業に飛び込んでもらいます。

 

ご面談のご予約は

ホームページのお問い合わせフォーム

もしくは0848-29-9775

(受付時間:火曜日~土曜日の14時~22時、

 時間外ですとお電話に出られないこともございます)

にお電話ください!