さかた塾中学部ブログ

体験生募集中!開校初年度の2019年度は北高5名、東高2名全員合格!

【季節講習】冬期5日目!

みなさん、こんにちは!

 

さかた塾中学部、代表の西川です。

 

中3は広島県の公立高校過去問を解きました。

 

今すぐに合格点を取ってほしいというわけではなく、

自分の現在位置を知って、

ここから受験に向けたラストスパートをする際に、

きちんと入試得点を上げる勉強をしてほしい

という意図があります。

 

面談でもお伝えしていますが、

全国でも指折りの難易度の入試なので、

みなさんかなり苦戦していました。

 

そんな本日のコメントです。

 

「過去問がとても難しかった。

 取れるところはきちんと落とさないように

 見直しをするようにしたいです。」

「難しい年度の問題をやってみて、

 難しかったけれど、

 ちょっとしたミスもあったので、

 見直しをしてミスをしないようにする。」

→見直しが大事とはテストの時よく言われます。

 ですが解いてみて分かったと思いますが、

 問題の量的に見直しをする時間を取るのは

 かなり難しいです。

 だからこそ、一撃で倒せるように

 「早く正確に」解けるようにを

 意識していきましょう!

 

「公立の入試問題は英語が難しかった。

 それ以外はそこそこ出来たので良かった。」

→現時点で8割(40点)を取れるのは

 かなり優秀ですね!

 油断せずにこのまま行きましょう!

 

「明日も塾があるので頑張りたい。」

→頑張りましょう!

 もちろん、塾が無い日も頑張らないとね!

 

「入試はどの教科もかなり難しかった。

 とにかくスピード。

 よく解かないと最後の方が解けなくなると思った。」

「今日は2017年度の公立過去問を解きました。

 私は解くスピードがとても遅いので、

 全教科時間が足りませんでした。

 スピードアップをがんばります!!」

→スピードが必要と意識してくれた生徒さんは、

 その感覚がとても大事だと思います。

 スピードを上げるには、

 知識問題はほぼ即答で出せるように、

 難しい問題を後回しに、

 あとはそれを素早く出来るように、

 慣れていくことです。頑張りましょう!

 

「今日は公立の過去問を解いたけど、ダメダメでした。

 今のままだと3割くらいしか点数が取れないので、

 本当に危険な状況だと思います。

 始業式までに尾高の過去問も数を解かないと、

 実力テストの勉強もしないといけないし、

 本当にもっと時間を作らないとと思います。」

→やることがたくさんあるときは、

 しっかりと優先順位を決めて、

 落ち着いて1つ1つクリアしていきましょう!

 

ということで、本日も頑張りましょう!!